JBL QUANTUM 400レビュー PS5にUSB接続出来る高コスパのヘッドセット

今回はJBLのゲーミングヘッドセットの紹介です。ゲーミングヘッドセットとしては後発の発売ですが音質と質感が良く、1万円未満でヘッドホンとマイクの音質も良いヘッドセットでした。

「JBL」と言えばスピーカーメーカーとして老舗で、安い物で数万円から数百万円のスピーカーを販売しています。

そんなスピーカーメーカーのヘッドセットをレビューしていきます。

JBL QUANTUM 400

特徴

  • ボイスフォーカスフリップマイク
  • ゲームチャットダイヤル
  • JBL Quantum ENGINEソフトウェア
音質寒色
暖色
音場狭い
広い
高域弱い
強い
ボーカル遠い
近い
低域弱い
強い
装着感
おすすめ度
イマイチ
おすすめ
良いポイント
  • USB-CでPS5とSwitchに繋げられる
  • マイク用の防風が付属している
  • マイクのボリューム変更が出来る
  • マイクオフ時に赤ランプが点灯
イマイチなポイント
  • ケースが付属していない
  • ケーブルの取り回しが悪い
  • イヤーパッドの取り外し方が記載ない
  • PS5にUSB接続すると「JBL」ランプが点滅して邪魔

JBL QUANTUM 400 レビュー

スペック
  • ドライバーサイズ:50mm
  • ヘッドホンタイプ:オーバーイヤー
  • 最大入力電力:30mW
  • 感度:98db
  • 再生周波数:20Hz – 20kHz
  • インピーダンス:32Ω
  • 重さ:274g

ハードケースが付属
付属品
  • ヘッドセット本体
  • USB-C to Aケーブル
  • 3.5mmオーディオケーブル
  • マイク用防風カバー

接続端子
  • 3.5mm to 3.5mm4極端子
  • USB-C to Aケーブル
ケーブルも妥協してない感じ

JBLQUANTUMシリーズ比較

シリーズ名QUANTUM 100
QUANTUM 400QUANTUM 800
QUANTUM ONE
ワイヤレス無し無し2.4gHz/Bluetooth5.0無し
接続端子3.5mm3.5mm/USB3.5mm3.5mm/USB
ドライバーサイズ40mm50mm50mm50mm
再生周波数20Hz – 20kHz20Hz – 20kHz20Hz – 40kHz20Hz – 40kHz
ノイスキャンセル無し無し有り有り
マイク取り外しムーブムーブ取り外し
価格約4,000円約8,000円約22,000円約28,000円
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

QUANTUM800から価格が2万円を超える価格ですがQUANTUM400は1万円を切るのでコスパが高いと感じ購入しました。

外観レビュー

JBLらしさは無いですがゲーミング感は薄くデザインも良いです。

側圧は若干強めですが柔らかくて装着感は良く、長時間装着しても痛くなる事はなかったです。

光沢感のあるプラスチックの為か安っぽさが有りますね。

イヤーパッドは柔らかくてつけ心地が良い

合皮ですが触った感じは非常に良く柔らかくてふわふわしています。

イヤーパッドは引っ張るだけで取り外せます。

替えのイヤーパッドはJBLのHPで購入することが出来ます。

フカフカクッション
爪が硬めで外しにくい

操作がしやすいボタン配置

左側の下側にUSB-C端子と3.5mmのイヤホンジャックがあります。3.5mm端子は差込口が少し凹んでいるので汎用品を使う際は注意が必要ですね。

後ろ側にはヘッドホンとマイクのバランスダイヤル、ボリュームダイヤル、マイクミュートボタンが並んでいます。

マイクとヘッドホンの音量バランスを変更できるダイヤル
USB-Cと3.5mmジャック

ヘッドパッド部

頭頂部に柔らかいスポンジが入っていて頭が痛くなる事もないです。

頭が当たる部分は薄めのスポンジの様
上部はプラスチック

PS5にUSB接続すると側面の「JBL」マークが点滅します。PCを使えば点灯方法や色の変更ができますが、PS5のみだと変更ができません。

小さいが音質の良いマイク

跳ね上げ式のマイクで上げ下げすると「カチッ」と音がしてマイクの音オフもできます。

USB接続時のマイクオフ時はマイクの根本が赤く光ってオンオフが見た目で判ります。

マイクは小さめのマイクですが音質は悪くありません。先端がフレキシブルに曲がるので息や唾を防げます。

防風が付属しているのは非常に良いです!

マイクオフのときは赤ランプが点灯

癖がつきやすいケーブル

ケーブルは両端が3.5mmで1.2mのケーブルが1本とUSB-C to Aで2.5mのケーブルが付属しています。

3.5mmのケーブルは細くて布巻きですが若干硬めで取り回しし難いです。

USBケーブルはさらに太くて取り回ししにくいケーブルでした。

USBケーブルは3.5mmと普通の太さだが…
3.5mmケーブルは細め
ケーブル硬すぎ

音質レビュー

PS5のヘッドホンの中で1番3D感を感じられました。

マイクの音質はざらつきがありやすいマイク視聴環境はPS5に

  • デュアルセンス直挿し
  • USBケーブルでPS5直挿し

で比較していきます。

PS5のTempest3D設定は他のヘッドホンと違い1つ上に上げてちょうど良い3D感になりました。

デュアルセンス+QUANTUM400

低域から中域までの主張が強いですが高域部のザラつきを感じました。ただ以前レビューしたPC38Xに比べてもヘッドホンの音質は劣らずゲームの音は違和感なく聞こえます。

密閉型なので全体的に音が近いですがPS5のデモンズソウルをプレイするとTempest3Dの効果が高く、遠くの敵の武器の音や飛んでいるドラゴンの叫びが360度色々な方向から聞こえてきました。

よりは良い程度の音質でした。

USB接続+QUANTUM400

デュアルセンスに比べて解像感と立体感が出てきました。

音の傾向はデュアルセンス直挿しと一緒ですが、ザラつきが減って音質が1ランクアップした様に感じます。

マイクの音質もザラつきが無くなり聴きやすくなります。Fortniteをプレイしても音に違和感はなく綺麗に聞こえました。

Nintendo SwitchにもUSB接続できる!

Nintendo Switchに3.5mmジャックで接続はできますがUSBケーブルでも接続できました!

Switchのゲーム音は良いとは言えませんが、3.5mm接続に比べて音が濃密になり立体感が出てきます。

switchは本体内でマイクボリュームの設定など音に関する設定がないので、ヘッドセットでマイクボリューム変更が出来るQUANTUM 400はおすすめです。

JBL QUANTUM 400レビュー PS5にUSB接続出来る高コスパのヘッドセットのまとめ

JBL QUANTUM 400

特徴

  • ボイスフォーカスフリップマイク
  • ゲームチャットダイヤル
  • JBL Quantum ENGINEソフトウェア
音質寒色
暖色
音場狭い
広い
高域弱い
強い
ボーカル遠い
近い
低域弱い
強い
装着感
おすすめ度
イマイチ
おすすめ
良いポイント
  • USB-CでPS5とSwitchに繋げられる
  • マイク用の防風が付属している
  • マイクのボリューム変更が出来る
  • マイクオフ時に赤ランプが点灯
イマイチなポイント
  • ケースが付属していない
  • ケーブルの取り回しが悪い
  • イヤーパッドの取り外し方が記載ない
  • PS5にUSB接続すると「JBL」ランプが点滅して邪魔

JBLと言うオーディオメーカーの老舗のヘッドセットなので以前から気になっていましたが、コスパの高いヘッドセットでした。

高域は若干弱く音楽用には物足りないですが、ゲーム用としては非常に良くて満足できる音質です。

PS5にUSB接続するとTempest3Dの効果も得られるので臨場感という意味でもお勧めできます。

Nintendo Switchに接続した場合、通常のヘッドセットはマイクボリュームの変更ができませんが、QUANTUM 400ならマイクバランス調整で対応できるのでswitchにもおすすめできるヘッドセットです。

ゼンハイザーPC38Xレビュー この価格以上の音質を体感できるゲーミングヘッドセット 【EPOS GSP600レビュー】 ヘッドホンの性能とマイクの性能は値段以上?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です