【WXR5950AX12レビュー】 これが日本最強のWIFI6か!?

今回はBUFFALOのWXR-5950AX12WIFIルーターをレビューします。

6年間NURO光を使っていましたが、時折WIFIが繋がらなくなってきました。

ここ数年で家族も含めて動画サービスの視聴時間が増えたのとルーターが古くなってきたせいかもしれないです。

NUROに言って新しいルーターに交換してもらう事も考えましたが、規格の古いWIFIに変えるより、最新のWIFI6を試してみようと思いました。

WXR-5950AX12WIFIルーターの良い点
・WIFI6による高速接続
・アンテナの向きを変える事で調整出来る
・有線LAN接続が10G対応

WXR-5950AX12

 

WXR-5950AX12を選んだ基準は?

①本体のデザイン
②価格
③速度のバランスです。

なぜWXR-5950AX12のデザインを優先したか?


押し入れにONUとNUROのルーターがあり、狭いスペースにルーターを置くので縦置きが理想でした。

ネットショップでWIFI6を検索すると縦置きは以下の4種類になります。

・LINKSYS VELOP MX5300-JP

・電波の強さ
・メッシュWIFI対
私の家は狭いのでメッシュWIFIは不要。

・エレコムWRC-X3000GS

エレコム 11ax(Wi-Fi 6)対応 無線LANギガビットルーター 親機(2402+574Mbps) WRC-X3000GS
ELECOM
価格は安いが5Ghzの速度に不満

・Orbi WiFi 6 トライバンドメッシュWiFiシステム RBK852

スペックは良いが価格が高すぎ

・BUFFALO WXR-5950AX12

大きさもちょうど良く金額も高すぎない。

と言う事でBUFFALO WXR-5950AX12に決めました。

▽押し入れが狭いので物で溢れています。右から二番目にBUFFALO WXR-5950AX12を設置

BUFFALO WXR-5950AX12のスペック

・EEE802.11a/b/g/n/ac/ax対応
・5Ghz 4803 Mbps
・2.4Ghz 1147 Mbps
・有線LANポート4つ
・WAN・LANポートが10Gbps対応
・8×8外付け「デュアルスタックダイポールアンテナ」搭載
・端末を強力に捕捉する「8×8 ビームフォーミング」

などなど。とりあえず高スペックで高速な通信が出来るルーターです。

不具合について

1週間使ってみて不良が見つかりました。通信の途切れが酷いときがありネットゲームをしていると、ゲームが途切れで中断しました。

そこででBUFFALOのアプリを使いファームウェアのバージョンUPと再起動をしました。

ファームウェアは最新版でしたが再起動した所途切れる事は無くなりました。

 

BUFFALO WXR-5950AX12のまとめ

速度に関してはNURO光のルーターでも不満は無かったですが、WXR-5950AX12に変えて若干安定しているかな?と言う程度です。

電波は強いと感じるので今までの価格の安めのルーターを使っている方には良い選択だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です