超小型ITXPCを作る!2スロット以上のビデオカードが入るおすすめケース

今回は極小ITXケースを選んでいきます。大型でメンテナンスしやすいATXケースもよいですが、できる限り小型にして場所を取らないPCも魅力的です。

ただ小型だけのケースではなく、2スロット以上のビデオカードが搭載できて、デザインもおしゃれなおすすめケースを紹介します。

前回レビューしたTIXケースJonsPlus i100Proは小型とはいえ24Lと大きいサイズでした。もちろん小型化はできたのですが、今回はサブPCを更に小さいITXケースで作り変えるためにケース選びをしました。

Jonsplus i100proレビュー 小型なのにしっかり冷えるITXケース
まさゆき
まさゆき

ゲームとオーディオのために生きているブロガー

まさゆきです!

家電販売しながらつぶやいているTwitterはこちら

小型ITXケースを選ぶ基準

小型ITX用ケースと言っても沢山ありますが今回選んだ基準は

  • 20L未満
  • 安っぽくないデザイン
  • 300mm前後のビデオカード搭載可能

この3点で選んでいきます。

小型ケースの注意点

小型PCを作るときは各パーツの大きさを調べて、ケース内に収まるか確認しないといけません。

  • CPUクーラーの高さ
  • メモリとクーラーの干渉
  • 電源の大きさ
  • ケースFanの厚さと枚数
  • ケーブルマネジメント

スペック上問題なくても、作ってみたらエアフローが確保出来ない事もあるのでパーツのサイズをしっかり調べて購入します。ドライブ増設は最小限にしてM.2のみで作った方がケーブルが少なくて良いです。

またケースファンも薄型の物をえらんだほうが組みやすくなります。

小型ケースの良い点と悪い点

良い点 メリット
悪い点 デメリット
  • 小さなデザイン
  • 軽くて移動しやすい
  • 拡張性が少ない
  • 対応パーツの種類が少ない
  • パーツが高価
  • 組み立てしにくい
  • エアフローが確保しにくい

デメリットが多いですが、小型化に勝るものは無いですよね。

上部の木目が良いEra ITX

デュアルチャンバー方式について

一般的なPCはグラフィックボードをマザーボードに直差しですが、PCIe用ライザーケーブルを使ってマザーボードの裏側に縦置きする方式です。

マザーボードとビデオカードが垂直に配置できるので横幅が薄く高さも低く作れます。また上下のエアフローも確保出来るので、小型のITXケースはほとんどデュアルチャンバーを採用しています。

デメリットとしては高さのある空冷クーラーは搭載できません。水冷クーラーを使って確実に温度を下げるかミドルクラスのCPUを使って高温にならないようにします。

デュアルチャンバー方式

ここからは私が厳選したケースを紹介します。

Geeek G1SE

ユニボディアルミ筐体とスモークアクリルサイドパネル採用のコンパクトMini-ITXケース。

前面にはUSBポート類がなく使いづらい点もありますが、1枚板のアルミを折り曲げて作ったケースはデザインもよく高級感があります

前面ポートがないので内部配線が少なくなり組みやすさもUPしています。

本体カラーがシルバーとブラックがあり、サイドパネルがアクリルとアルミの2種類で計4種類選べるのもポイント。

グラボ側は余裕あり
CPU側はギチギチ

アクリルでパーツを光らせるのも、アルミパネルで空気の流れを作るのも対応できます。

GPU側は余裕がありますが、CPU側はスペースが少ないのでSSDの増設やケースFANの高さに注意が必要です。

メーカーGeeek 
型番G1SE
高さ233mm
145mm
奥行330mm
サイズ(L)11.1L
水冷ラジエーター高さ27mm
水冷ラジエーターサイズ240㎜
空冷クーラーサイズ66mm
ビデオカードサイズ2スロット
ビデオカード長さ325mm
ビデオカード高さ55mm, 2.75スロット分
付属ライザーケーブル別売
ボトムFAN120mmx2
背面FAN×
トップFAN120mmx2
(※SFX-L電源使用時、搭載不可)
ドライブベイ2.5×4
電源SFX/SFX-L
価格約16,000円

色々検討した結果Geeek G1SEに決めました!こちらの記事で紹介しています。

GeeekG1SEレビュー PS5とほぼ同じサイズにモンスターマシンが組めるITXケース

Fractal Design Ear ITX

スタイリッシュなデザインのFractal Designの小型ケース。今回紹介するケースでは1番大きいサイズですが、どのPCケースよりも高級感もあります

本体カラーは5色でそれぞれの色合いの良さがあります。

デュアルチャンバー方式はではなくグラフィックボード直挿しのみになります。そのため本体が大きくなるのがデメリット。ただ16Lなので一般的なATXケースの3分の1程度の大きさです。

5色展開の本体は色に合わせた天板も特徴的。上面にガラスがあるとエアフローが心配ですが、空気の流れる隙間が空いているので問題ないです。背面にFANが搭載できるのもEra ITXの特徴。

メーカーFractal Design 
型番Era ITX
高さ310mm
166mm
奥行325mm
サイズ(L)16.9L
水冷ラジエーター高さ
水冷ラジエーターサイズ240mm
空冷クーラーサイズ120mm
(3.5inchHDD搭載時70mm)
ビデオカードサイズ2スロット
ビデオカード長さ295mm
ビデオカード高さ
付属ライザーケーブル直付けのみ
ボトムFAN140mm×2
(GPU非搭載時)
トップFAN120mm×2
背面FAN80mm
ドライブベイ2.5×2 3.5×1
電源SFX/SFX/ATX
(最大200㎜)
価格約17,000円

LianLi Q58

LianLi Q58も非常に良いデザインで高級感があります。カラーもブラックとホワイトの2色を展開。

サイドパネルが3㎜厚の強化ガラス2枚とパンチングメタル2枚で入替が可能。CPU側を前面ガラスで反対側をメタルパネルに変更も出来ます。

メンテナンスしやすいデザイン

LED/Fanのハブも内蔵してある光らせる前提で組むにも良い設計です。

前面に専用スペースがあるので邪魔にならない

ATX電源も搭載できるのでATXからの切り替えにも良いケースです。

本体付属のライザーケーブルがPCIe3.0と4.0の2種類が選択できるようになっています。

1つ残念な点は、写真で見ると大きく見えるので小型さをアピールした写真を掲載してほしいです。

メーカーLianLi 
型番Q58
高さ250mm
170mm
奥行342mm
サイズ(L)14.5L
水冷ラジエーター高さ
水冷ラジエーターサイズ325mm
(SSDトレイ無)
空冷クーラーサイズ67mm
ビデオカードサイズ3スロット
ビデオカード長さ320mm
ビデオカード高さ
付属ライザーケーブルPCIe 3.0/PCIe 4.0
ボトムFAN120mm x1
トップFAN120mm x1/140mm x1
背面FANx
ドライブベイ2.5×4/2.5×4 3.5×1/2.5×2
電源SFX/SFX-L/ATX
(160mmまで)
価格15,000円~20,000円

こちらはPCIe4.0版

ZALMAN M2Mini

古くからあるPCケースメーカーZALMANの小型ケースです。

80mmケースFan1つしか付けられないので高性能なCPUクーラーが必要。サイドパネルのスリットから空気をしっかり取り込みつつ上部に空気を排出するように設計されています。

11.5Lと小型な点は良いですがサイドパネルがねじ込み式で安っぽい

メーカーZALMAN
型番M2Mini
高さ235mm
150mm
奥行328mm
サイズ(L)11.5L
水冷ラジエーター高さx
水冷ラジエーターサイズx
空冷クーラーサイズ60mm
ビデオカードサイズ2スロット
グラフィックボード長さ295mm
グラフィックボード高さ
付属ライザーケーブルPCIe 3.0
ボトムFANx
トップFAN80mm×1
(付属)
背面FANx
ドライブベイ2.5×2
電源SFX/SFX-L
価格約15,000円

NZXT H1

今回紹介するケースでは高さが最大。ただ幅と奥行きが180㎜と縦長になるので設置場所で困ることはないです。

デザインも非常に良くてパンチメタルと強化ガラスパネルが高級感ありす。カラーはブラックとホワイトの2色。

サイドパネルがドライバレスで外せるのでメンテナンスもしやすいです。

140㎜の水冷ラジエーターと650wGold認証の電源が付属しているので約5万円の価格は高くないでしょう。

欠点はラジエーターがH1専用なので交換ができない事とケースファンを増設できない所です。

メーカーNZXT
型番H1
高さ387.7mm
187mm
奥行187.6mm
サイズ(L)13.6L
水冷ラジエーター高さ
水冷ラジエーターサイズ140㎜内臓
空冷クーラーサイズ
ビデオカードサイズ2スロット
ビデオカード長さ265mmまで(幅145mm)/305mm(幅128mm)
ビデオカード高さ
付属ライザーケーブルPCIe 3.0
ボトムFAN
トップFAN
背面FAN
ドライブベイ2.5×2
電源SFX-L内蔵
価格約53,000円

LOUQE Ghost S1 MkⅢ

8.2Lとグラフィックボードが付けられる最小クラスのITXケース。Noctuaで専用のクーラーを発売してるほど人気のケース。

左右上下のパネルを外して骨組みだけになるので組み立ては簡単。

小さい代わりにエアフローが犠牲になるので、 Corei9やRyzen9ではなく、 Corei5やRyzen5で65w以下のCPUを使い短いビデオカードで組んだ方が良さそう。

全体がアルミで出来ていて高級感がありますがケースファンが120mm1つしか搭載できません。オプションの「TopHat」を装着すれば水冷クーラー装着可能。

メーカーLOUQE 
型番Ghost S1
高さ188mm
140mm
奥行322mm
サイズ(L)8.2 L
水冷ラジエーター高さ31.5mm
水冷ラジエーターサイズ
空冷クーラーサイズ66mm
ビデオカードサイズ2スロット
ビデオカード長さ305mm
ビデオカード高さ45㎜
付属ライザーケーブルPCIe 4.0
ボトムFAN
トップFAN120mm×1
背面FAN
ドライブベイ2.5×3
電源SFX/SFX-L
価格44,000円

RAIJINTEK OPHION

紹介するケースで最大…といっても15.6Lなのでまだまだ小さいサイズ。横幅と奥行きが大きいですがケース上下に120㎜Fanが装着可能。ドライブも3.5inch対応と他のケースより使いやすくなっています。

水冷クーラーを使う場合はOPHION EVOという兄弟機を選べば可能です。横幅と奥行きはOPHIONと共通で高さ290㎜とOPHIONより45㎜高いサイズになります。

メーカーRAIJINTEK
型番OPHION 
高さ245mm
174mm
奥行375mm
サイズ(L)15.9L
水冷ラジエーター高さ
水冷ラジエーターサイズx
空冷クーラーサイズx
ビデオカードサイズ2スロット
ビデオカード長さ330mm
ビデオカード高さ58mm
付属ライザーケーブルPCIe 3.0
ボトムFAN120mmx1
トップFAN120mmx2
背面FANx
ドライブベイ2.5×3/3.5×1/2.5×1
電源ATX
価格13,000円

超小型ITXPCを作る!2スロット以上のビデオカードが入るおすすめケースのまとめ

今回調べたケースを一覧にまとめました。サイズで選ぶかデザインで選ぶか分かりやすいと思います。

私はこの中から1つ購入しようと考えています。候補としてはデザインとエアフローでEra ATXか、小型と

デザインでGeeek G1SEか、サイドパネルとエアフローでQ58で選ぼうと思っています。

デザイン画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: G1SE001-1024x768.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EraITX-999x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LIANLI-Q58-04-1024x912.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ZALMAN-M2Mini-01.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: NZXT-H1-01.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LOUQE-GHOST-S1-Mk3-01-1024x811.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: RAIJINTEK-OPHION-01.jpg
G1SEEra ITXQ58M2MiniH1Ghost S1OPHION 
高さ233mm310mm250mm235mm387.7mm188mm245mm
145mm166mm170mm150mm187mm140mm174mm
奥行330mm325mm342mm328mm187.6mm322mm375mm
サイズ(L)11.1L16L14.5L11.5L13.6L8.2 L15.9L
水冷ラジエーター高さ27mmxx
オプションで使用可
水冷ラジエーターサイズ240mm240mm325mm
(SSDトレイ無)
x140㎜内臓x
オプションで使用可
x
空冷クーラーサイズ66mm120mm
(3.5inch搭載時70mm)
67mm60mm66mmx
スロット2232222
グラフィックボード長さ325mm295mm320mm295mm265mmまで
(幅145mm)/
305mm
(幅128mm)
305mm330mm
グラフィックボード高さ55mm, 2.75スロット45㎜58mm
付属ライザーケーブルPCIe 3.0直付けのみPCIe 3.0/
PCIe 4.0
PCIe 3.0PCIe 3.0PCIe 4.0PCIe 3.0
ボトムFAN120mmx2140mm×2
(GPU非搭載時)
120mm x1x120mmx1
トップFAN120mmx2120mm×2120mm x1/
140mm x1
80mm×1(付属)120mm×1 120mmx2
背面FAN×80mmxxx
ドライブベイ2.5×42.5×2 3.5×12.5×4/
2.5×4 3.5×1/
2.5×2
2.5×22.5×22.5×32.5×3/
3.5×1/
2.5×1
電源SFX/
SFX-L
SFX/
SFX/
ATX
(最大200㎜)
SFX/SFX-L/
ATX
(160mmまで)
SFX/
SFX-L
SFX-L
内蔵
SFX/
SFX-L
ATX
価格16,000円17,000円15,000円~20,000円15,000円53,000円44,000円13,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。