超小型USB DAC比較!イヤホン端子の無いスマホで高音質で聴くには必須のアイテム!

今回レビューするガジェットは超小型USB DACです。イヤホンジャックの無いスマホにイヤホンジャックを付けるアダプタですね。

勿論1000円くらいの安い物も有るのですが音質に拘った製品も色々出ています

ネットで「USB DAC おすすめ」で検索しても全てのUSB DACを羅列しているサイトばかりで選びにくいんですよね。

私はワイヤレスイヤホンは落とすがが不安で付けない事が多いので有線で聴く事が多いです。そこで今回は超小型のUSB-Cタイプの有線のみに絞って記載していきます。

USB DACとは?

USBに繋げるデジタルとアナログ変換する機械です。
スマホの中にももちろんUSB DACは入っていてその DACがイヤホン端子から音を出しています。ただスマホの中にある DACは高音質を謳っているものはないですよね。

かつスマホ内には様々なチップが搭載されているのでそれらのチップのノイズが音に悪影響になります。

そこで音を変換する DACをUSBで外付けする事によってノイズの干渉を無くして高音質にしオーディオ用のチップを搭載する事によりポータブルプレーヤーと変わらない音質で楽しめる物になります。
また変換するチップによって音質も変わるので様々なUSB DACが出ています。

こんな方におすすめ
・イヤホンジャックの無いスマホで音楽を聴きたい
・スマホに付属のイヤホンジャック変換アダプタでは満足出来ない
・オーディオプレーヤーを別に持ちたく無い


今回紹介するのは超小型のスマホに使えるUSB DACです。

こちらの記事ではBluetooth対応の物を紹介していますがUSBで使える物もあるので参考までにどうぞ!

関連記事

今回は紹介するのはBluetoothレシーバーです。 ただBluetoothレシーバーって沢山ありますよね。そのBluetoothレシーバーでも高音質なオーディオに特化したレシーバーを比較していきます。   Blue[…]

Ibasso DC03

Amazonより引用
メーカー Ibasso
型番 DC03
チップ CS431331x2
サイズ 10.5m
重量 11g
PCM 384Khz 32Bit
DSD 11.2Mhz
バランス接続 ×
ディスプレイ ×
搭載端子 Type-C
対応OS Android
IOS
Amazonより引用

Ibasso DC03の特徴
・DC03の出力値は前機種のDC02に比べて約3倍の80mW
・金属を筐体素材にしていて高級感がある
・USB Audio Class 2.0対応でPCMやDSDで高音質で出力

 

Ibasso DC03の仕様
DACチップ: CS43131 x2
THD+N: <0.00028% (32Ω負荷時, 1.2Vrms)
出力電圧: 2Vrms (300Ω負荷時) / 1.61Vrms (32Ω負荷時)
出力レベル: 80mW@32Ω
S/N比: 127dB
周波数特性: 20Hz~40kHz +/-0.5dB

ノイズフロア: <0.9µV
出力インピーダンス: 0.12Ω

USB-A端子用の変換アダプタも付属しています。
刺すだけで認識して音楽は聴けるのですが音が大きくなりやすい様で専用ソフトが用意されています。

 

今回はこちらのDACを購入しました!

関連記事

今回ご紹介するのは超小型のUSBDACの紹介です。 前回の【超小型USB DAC比較!イヤホン端子の無いスマホで高音質で聴くには必須のアイテム!】で各種比較しましたがその中で購入したのでレビューしていきます。 スマホでそのまま音[…]

Audiolab P-DAC

Amazonより引用
メーカー Audiolab
型番 P-DAC
チップ ES9018
サイズ 57x17x8mm
重量 17g
PCM 24bit/192kHz
DSD
バランス接続 ×
ディスプレイ ×
搭載端子 Type-C
対応OS Android

ESSのES9018を採用し24bit/192kHzまで対応
ネットショップで検索すると出てくるのですが情報が少ないですね。
ESSのチップを搭載している割りに価格は安いです。

Lotoo PAWs1

Amazonより引用
メーカー Lotoo
型番 PAWs1
チップ
サイズ 66x22x13
重量 27.1g
PCM 32Bit/385Khz
DSD 128
バランス接続 4.4
ディスプレイ
搭載端子 Type-C
対応OS Windows10 Android
Mac OS IOS
PS4 Switch
Amazonより引用

Lotto PAWs1の特徴
・3.5mmのアンバランス端子だけではなく4.4mバランス端子も搭載
・USB Audio Classが 1.0と2.0対応でスマホやPCだけではなくNintendo SwitchやPS4も対応

 

製品に自信があるからこそ内部写真を掲載しているんでしょうね

Lotto PAWs1の仕様
最大出力3.5mm:70mW/ch @32Ω, 4.4mm:120mW/ch @32Ω
周波数特性 3.5mm: 20-20kHz:+0/-0.017dB, 4.4mm: 20-20kHz:+0/-0.016dB
ノイズフロア: 3.5mm:-118dBu, 4.4mm:-114dBu
THD+N: Low Gain:-106dB(0.0005%), High Gain:-108dB(0.0004%)

マニア向けのオーディオプレーヤーを製造しているLottoと言うメーカーです。今回紹介する製品の中では一番高価ですが出力も高く性能も良い様です。
ケーブルは取り外し可能でライトニングケーブル付きも販売しています。
LottoのPAW6000が180,000円でPAW-GOLD-Touch
は40万円越えと高価なのでそれと同様の音質なら安いかもしれないです。
内蔵している DACチップの記載が無く「高性能チップ」としか記載がないですね。

関連記事

以前こちらの【IbassoDC03レビュー】超小型で高音質のUSBDAC スマホでもMacでも使える万能ガジェット】でスマホ向けの小型のUSBDACをレビューしましたが、更にスマホの高音質を目指して購入しました。   […]

Zerda ITM03 USB-TypeCモデル

Amazonより引用
メーカー ikoo
型番 Zerda ITM03
チップ CS43198
サイズ
重量 12g
PCM 32Bit/384Khz
DSD 256
バランス接続 ×
ディスプレイ ×
搭載端子 Type-C
対応OS Windows
IOS
Android

Zerda ITM03 USB-TypeCモデルの特徴
・MonsterCable社完全監修のオリジナルケーブル
・3.5mm端子内に光デジタル端子も内蔵している
・筐体はアルミニウム合金サンドブラスト酸化シェルを採用
・LightningモデルはApple MFI認証済み

Zerda ITM03 USB-TypeCモデルの仕様
THD+N<0.0015%
周波数特性20Hz-40kHz
推奨インピーダンス16~600Ω(ヘッドフォン出力)
光ファイバー出力:32ビット/192kHz、DSD:128
THD+N:<0.0015%、FR:20Hz-40kHz、インピーダンス適応:16Ω-600Ω

光デジタル出力が付いているのでAV機器に繋げて据え置きで楽しむこともできます。
USB-Cモデルとライトニングモデルを分けるのであればケーブルを抜ける様にしてどちらでも使える様にして欲しいですね。

超小型USB DACのまとめ


以上になります。もちろんUSB DACが無くても音楽は楽しめますがUSB DACをつける事によりより一層音楽を聴くことが楽しくなります。

私は基本的にオーディオプレーヤーを持ち出す事が多いのですが邪魔になるし重さもあるので手軽に出掛けたい時には本当におすすめのアイテムになると思います。

ではまた!

 

今回紹介したUSB DAC