LGがPS5とXBOXseriesX対応機種を発表!注意点も含めて解説します。

LG

対応機種は2019年2020年発売の液晶テレビと有機ELテレビが対象と発表しました。正式に対応を発表しているテレビはシャープの8KテレビがPS5対応しているだけでしたが今回は大量に対応機種が増えました。
今回発表になった機能はPS4やPCにも対応している機能もあるので要チェックです!

 

LGのテレビがPS5とXbox series X対応機種一覧

今回発表されたモデルは液晶と有機ELで15モデルになります。
液晶テレビ

2019年モデル
SM9000P

2020年モデル
NANO99 NANO95 NANO91 NANO86

有機EL
2019年モデル
Z9
 W9 E9 C9 B9

2020年モデル
ZX WX GX CX BX
これらのシリーズが対応になります。

注意:インターネットに接続し本体の更新が必要になります。

LGテレビのゲームに対応する機能

①応答速度1ms
②120P
③ALLM
④VRR
⑤G-SYNC
⑥FreeSYNC
⑦earc
⑧EGiG

これらの機能が対応すると発表がありました。

①応答速度1ms
ゲーミングモニターだと反応速度の記載がありますがテレビでは殆ど記載されません。
反応速度が早いと液晶(有機
EL)とコントローラーのタイムラグが少なくなります。
1ms=1000分の1秒で液晶の色が切り替わっています。
これはPS5XBOXseriesXに限らず全てのゲームに良い機能です。
PC用のモニターでは反応速度を記載している物が殆どですがテレビで記載しているのはLGのみですね。

細かく言うと応答速度の測り方はいくつかありますが、120Pでゲームをする際は特に問題にはならないです。

②120P ③ALLM ④VRRはこちらに詳しく記載しているので簡単に記載します。

関連記事

こんにちは!まさゆきです。PS5も発売になりましたね。家電量販店で販売している私が家電目線でPS5に対応したテレビを紹介していきます。   PS5は本体も高スペックですがそのスペックを活かすにはやはり良いテレビが必要に[…]

120Pはゲーム中左右に画面を振ると残像になりますが、その残像を消してクッキリ映るので敵が見やすくなります。

⑤G-SYNC⑥FreeSYNCはPC向けのティアリングと言う現象を無くす機能です。この機能をテレビ用に開発した物がVRRです。

AMDのHPより引用


⑦EARC
arc(オーディリターンチャンネル)の拡張版です。
arcは圧縮された音源やcd品質の音しか送れませんでしたが、Dolby Atmos®、Dolby TrueHD、DTS:X™、DTS-HDなどの高音質音源も送れる様になりました。

ゲームをする際の臨場感はもちろんですが、FPSなどの足音や銃声で位置が分かり易くなります。
ゲームが7.1Ch対応になれば更に臨場感が出てきますね。
アンプ側が
earc対応の物を用意しないといけないのでハードルは高いです。
ヘッドホンアンプやオーディオインターフェースでearc対応の物が発売されるといいですね。

⑧EGiG
HDR対応を謳うモニターは沢山ありますが実際にHDR画質が出ない粗悪品が増えました。そこで品質を保ったHDRモニターにEGiGを付与しています。
ネットショッピングサイトを見ると異様に安いモニターで「HDR対応」を記載しているモニターがありますが、そう言ったモニターはHDRの設定をしても綺麗に写らない物もありました。

SONYとマイクロソフトが作った規格ですがLGや東芝などのテレビメーカーやカプコンなどのゲームメーカーも参加しています。
ただテレビ全メーカーのカタログを見てもEG
iG対応の記載はありません。

以上が今回のLGは発表したゲーム向けの機能になります。次は今回発表されたテレビの機能を一覧にまとめました。

LGのテレビの機能対応一覧

液晶 サイズ 対応端子 1ms 4K 120P ALLM VRR G-SYNC FREESYNC EARC HGiG
SM9000P 65 55 1〜 4
NANO99 75 65 1〜 4
NANO95 55 1〜 4
NANO91 55 65 75 86 3 〜4
NANO86 49 3 〜4
有機EL サイズ 対応端子 1ms 4K 120P ALLM VRR G-SYNC FREESYNC EARC HGiG
Z9 88 1〜 4
W9 75 65 1〜 4
E9 65 55 1〜 4
C9 75 65 55 1〜 4
B9 65 55 1〜 4
ZX 88 77 1〜 4
WX 65 1〜 4
GX 65 55 1〜 4
CX 77 65 55 48 1〜 4
BX 65 55 3 〜4

LG2020年モデルのラインナップ 

ここからはLGのテレビ機能を簡単に説明します。2019年モデルは販売していない物もあるので2020年モデルのみ記載します。

NANO99シリーズ

Amazonより引用

・8K対応
・ローカルディミング
・6スピーカー 60W
・チューナー数3
・倍速機能

 

NANO95シリーズ
・8K対応
・ローカルディミング
・4スピーカー 40W
・55型のみ
・チューナー数3
・倍速機能
・1月発売予定
このモデルは120P未対応のモデルです。

ZXシリーズ

Amazonより引用

・8K対応
・6スピーカー80W(88型)
・6スピーカー60W(77型)
・チューナー数3
・倍速機能

 

WXシリーズ

Amazonより引用

・4K対応
・6スピーカー60W
・チューナー数3
・倍速機能
・65型のみ
・壁掛け専用

 

GXシリーズ

・4K対応
・6スピーカー60W
・チューナー数3
・倍速機能


CXシリーズ


・4K対応
・4スピーカー40W
・チューナー数3
・倍速機能
CXシリーズの機能説明はこちらで記載しています。

関連記事

[caption id="attachment_1433" align="alignnone" width="1600"] Amazonより引用[/caption] 今回はLGのテレビを紹介します。2020年現在PS5やXbox se[…]


BXシリーズ


・4K対応
・4スピーカー40W
・α7エンジン
・チューナー数2
・倍速機能

LG PS5とXbox series X対応テレビのまとめ

以上がPS5とXbox series X対応のテレビでした。 PS5などのゲームは勿論ですがテレビの機能やYoutubeなどのアプリも充実していておすすめのテレビが多いです。

8Kに関してはまだコンテンツが少ないのでおすすめは4Kのテレビです。民放が4Kの番組すら作っていないですからね。

4Kのテレビならゲーム以外にYouTubeやNetflixなどの動画サービスが4Kで配信しています

PC用モニターと違いサイズが大きいので個人の部屋に置くには大きいと思う方も多いですが55型でも1m離れれば十分な距離になるので6畳でも55型を選んだほうが良いです。