Panasonicビエラ2021年モデル発表!120P対応でPS5にもおすすめ!

こんにちは

326日にPanasonicが新型テレビ ビエラJXシリーズの発表がありました。

 

ビエラJXシリーズの特徴
・AI技術を活用したシーン認識アルゴリズムで、自動でかしこく画質・音質調整「オートAI画質」「オートAI音質」
上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応
・地震に倒れにく転倒防止スタンド
4K120P対応

2021年モデルは4K120P対応になります!

パナソニックノテレビはゲームの対応が無かったのでこれは嬉しいですね!

Panasonicより引用

 

【パナソニックのテレビ】最新のビエラをチェック!

パナソニックビエラ 2021年モデルのラインナップ

モデル JX950 JX900 49JX850 43JX850
サイズ 55/65 55/65 49 43
発売日 4月23日 4月23日 4月23日 今夏予定
パネル IPS IPS IPS VA
HDMI2.1
4K120P対応ポート HDMI 1/2 HDMI 1/2 HDMI 1/2 HDMI 1/2
120P
VRR
AMDFreeSyncPremium
オートAI画質
オートAI音質
プレミアム液晶ディスプレイ
イネーブルドスピーカー
スタンドスイーベル
転倒防止スタンド

今回発表になったビエラは43型から65型まで3ラインナップ6機種です。

43型のみ夏発売になります。

【パナソニックのテレビ】最新のビエラをチェック!

パナソニックビエラ 2021年モデルの特徴は?

2021年モデルは映像エンジンを刷新しましたね!

 

ディープラーニングで自動でかしこく画質調整「オートAI画質」

オートAI画質イメージ
Panasonicより引用

100万を超える映像シーンをディープラーニングを活用してビエラが認識し、映像エンジンの機能を使って画質を最適化します。

パソコンに当たる”CPU”が”映像エンジン”になるので、映像エンジンが下記の機能を制御します。

・ヘキサクロマドライプ(色合いを制御)
・AI HDRリマスター(コントラストを制御)
・4Kファインリマスターエンジン(解像度を制御)

を活用して自動で最適な画質に調整することが出来ます。

映像エンジンが変わるので前機種のHXシリーズよりも画質が良くなりますね。

映像シーンのデータベース分析は東芝やソニーが行っている技術と近いものになるので、更に高画質化が図れるでしょう!

スポーツ中継 補正前と補正後イメージ(明るいシーンも最適な補正)
Panasonicより引用

 

自動でかしこく音質調整「オートAI音質」

オートAI画質同様に音声も自動制御してくれます。

・スタジアムの迫力
・ライブ会場の音質
・話し声をクリアに

音質を変えるだけでなく低移管を合わせて声を聞き取りやすくするなど、シーンに合わせて音質を変えてくれるようです。

2021年モデルのビエラに搭載されている機能

ヘキサクロマドライブ

プロ用マスターモニターに採用されているカラーマネジメントで暗い部分の潰れや明るい所の階調を再現します。

 

従来のトーンマッピング技術と進化したヘキサクロマドライブ イメージ
Panasonicより引用

通常の液晶は暗い部分の色合いを潰さない為に、ライトを明るめにしますが同時に明るい部分は白飛びします。そこでヘキサクロマドライプは暗い部分の色つぶれを抑えながら明るい部分の色を白飛びしない様にする技術です。

 

AI HDRリマスター

従来の映像とHDR映像を機械学習させ、その学習データをもとに最適な画質処理をしてHDRを再現します。

AI HDRリマスター イメージ
Panasonicより引用

 

現在放送されている4K放送も“HLG”と言うHDR技術を使っていますが、そのHLGの映像もリアルタイムに解析してあらゆる4K番組を綺麗にしてくれます。

新4K衛星放送 高画質処理前、新4K衛星放送 高画質処理後イメージ
Panasonicより引用

Wエリア制御

LEDバックライトと液晶の開閉を制御してコントラストを制御します。

Wエリア制御なし、Wエリア制御 イメージ
Panasonicより引用

IPSパネルは色合いが濃く出やすく、暗めの画質になるのでWエリア制御で高コントラストでくっきりした映像に仕上げます。

Wエリア制御なし、Wエリア制御、進化したWエリア制御イメージ
Panasonicより引用

【パナソニックのテレビ】最新のビエラをチェック!

【まとめ】パナソニックビエラ2021年モデル発表!120P対応でPS5にもおすすめ

日本メーカー最初の4K120P対応テレビはパナソニックでしたね!

サイズも43型からと個人用に最適なサイズも発売になるのでPS5用モニターとして有力候補になるでしょう。

パナソニックはSony・東芝に比べてゲームへの対応が無かった事も考えるとかなり進化してきています。

惜しい所は4K120Pの対応はしていますが、ALLMは全て対応しておらずVRR43型のみになります。

4月末には店頭で画質の確認が出来るようになるのでチェックしましょう!

 

こちらの記事ではPS5に必要な機能をまとめています。

関連記事

こんにちは!まさゆきです。PS5も発売になりましたね。家電量販店で販売している私が家電目線でPS5に対応したテレビを紹介していきます。   PS5は本体も高スペックですがそのスペックを活かすにはやはり良いテレビが必要に[…]

ではまた!

【パナソニックのテレビ】最新のビエラをチェック!