Moondrop KXXSレビュー 高級感のあるデザインと中高域の音質の良さが際立つイヤホン

今回はMoondropの1番人気のイヤホンKXXSの紹介になります。デザインだけではなく音質面でも非常に満足できるイヤホンで人気なのも頷けるクオリティでした。

Moondropのイヤホンはアニメ調のデザインで買う人を選ぶ傾向もありますが、そういったデザインを拒む方でも満足できるイヤホンです。

水月雨 Moondrop KXXS

特徴

  • DLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板搭載
  • 精度の高い鏡面金型加工及び手動研磨による艶出しと優れたメッキ塗装
  • リッツ処理をした4N 8µmの銀メッキ無酸素銅ケーブルでリケーブル可能

音質寒色
暖色
音場狭い
広い
高域弱い
強い
ボーカル遠い
近い
低域弱い
強い
装着感悪い
良い
おすすめ度
イマイチ
おすすめ
良いポイント
  • 亜鉛アルミ合金の美しいデザイン
  • デザインに統一感のあるケーブル
  • 中高域のキラキラ感

イマイチなポイント
  • 筐体が傷付きやすい
  • ケーブルの左右がわかりにくい
  • イヤーピースの出来が悪い

Moondrop KXXSレビュー

ドライバー構成とスペック
  • 再生周波数帯域:20~20,000Hz
  • ハウジング:ハウジング:亜鉛アルミ合金・鋳込・彫刻・艶出・メッキ仕上げ
  • ドライバー:φ 10mm ダイナミック
  • ケーブル:厚さ8μm銀メッキ4N OFC
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:110dB

美しいブルーのケースが付属
付属品
  • ハードケース
  • 布ポーチ
  • イヤーピースS・M・L2セット
  • 音響変更用フィルター
  • フィルター変更用ピンセット
  • マニュアル

ブルーのハードケースが使いやすい
ケーブルと接続端子
  • 3.5mmイヤホン端子
  • 7.8mm 2Pin
ケーブルも妥協してない感じ

外観レビュー

筐体のデザインは高級感があり所有欲を満たしてくれます。鏡面仕上げがデザインの良さを出していますが、亜鉛アルミ合金なので重さも感じられます。ただ傷付きやすいので取り扱いに注意が必要ですね。

イヤーピース装着側に小さな穴がありほんの少し音漏れします。

ノズルのサイズは約5.3mmで一般的なイヤーピースは装着可能です。

私はデザインも含めてacoustune AET08を使用しています。

付属品もデザインが良い

付属の銀メッキ無酸素銅ケーブルはデザインが良いだけではなく取り回しがしやすいです。

ケーブルの2Pin差込口の内側に「LR」の表記がありますが透明の樹脂に記載されているので近くで見てもわかりにくいです。

付属ケースはブルーのハードケースですが一見してイヤホンのケースには見えないですね。ハードケースなのでイヤホンとケーブルをしっかり守ってくれます。

あとはイヤーピースはSMLが2セットと音響変更用のフィルターが付属しています。

装着感

イヤホン本体の重さがありますが、カナル型のシュア掛けなので重さを感じる事はなく快適な装着感です。

ケーブルも柔らかいので取り回しも良好でした。

MoonDrop KXXS音質レビュー

使用時の環境

  • Sony NW-WM1A
  • Lotoo Paw S1
  • IbassoDX300

イヤーピースはacoustune AET08を使いました。

高音の煌びやかさと低音の強さを両立している

20時間ほどエージングを行なって試聴しました。

以前レビューしたMoondrop LiebeslidではNW-WM1Aはキラキラ感が出ていませんでしたが、KXXSでは問題なく鳴らせています。

解像感と音場の広さはLiebeslidに比べると1段落ちますが、2万円以下のイヤホンと考えると音質面でも良いイヤホンです。

高域

伸びのある綺麗な高域を響かせてくれます。ハイハットの叩く音が弦楽器の高域も響き方に透明感があって気持ちいいです。

ボーカル

女性ボーカルは主張がありしっかり聴かせてくれます。男性ボーカルは半歩下がって聴こえます。

低域

低域もしっかり聴こえますがもう少しキレが欲しいです。

音場

中域が横に広いように感じます。

最近購入したBQEYZ Spring2よりも広く感じました。

解像感

中高域の解像感が高めですが低域は若干落ちる様です。

MoonDrop KXXS レビューまとめ

水月雨 Moondrop KXXS

特徴

  • DLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板搭載
  • 精度の高い鏡面金型加工及び手動研磨による艶出しと優れたメッキ塗装
  • リッツ処理をした4N 8µmの銀メッキ無酸素銅ケーブルでリケーブル可能

音質寒色
暖色
音場狭い
広い
高域弱い
強い
ボーカル遠い
近い
低域弱い
強い
装着感悪い
良い
おすすめ度
イマイチ
おすすめ
良いポイント
  • 亜鉛アルミ合金の美しいデザイン
  • デザインに統一感のあるケーブル
  • 中高域のキラキラ感

イマイチなポイント
  • 筐体が傷付きやすい
  • ケーブルの左右がわかりにくい
  • イヤーピースの出来が悪い

Moondrop KXXSはこんな方におすすめ

  • 初めてイヤホンを購入する方
  • イヤホンのデザインは重要
  • 中高域の綺麗さを楽しみたい
  • 低域も強めが良い

Moondrop KXXSは欠点の少ない誰にでもおすすめ出来るイヤホンでした。

音の良さだけではなくデザインも秀逸で2万円以下ならトップランクに入るイヤホンだと思います。

前回レビューしたLiebeslidも中高音部が特徴のあるイヤホンで、Liebeslidに比べて装着感の良さがあり常用できるイヤホンです。

Moondrop Liebeslidレビュー 中高音が綺麗に響くインナーイヤーイヤホン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です