PS5にM.2SSDを実際に装着!使えないSSDも一緒に解説します!

PS5は今年中にM.2SSDの増設がサポートされる予定です。容量の少ないPS5はSSD増設は必須になりますが発売から1年経ってもまだ増設できない仕様です。

まだ正式版ではないですがベータの募集当選したので、PS5をベータ版のOSに更新してSSD増設を試してみました

そこで今回はM.2SSDの増設について解説します。M.2SSDでも使えないSSDもあるのでSSDの選び方も含めて解説していきます。

では行ってみましょう!

ソニーが公表しているM.2SSDの必要スペック

先日ソニーからPS5に対応するM.2SSDのスペックが公表されました。PC用のハイスペックなSSDでストレージとしては高価ですが、PS5がそれだけの性能を秘めたゲーム機になります。

インターフェースPCIe Gen4x4 M.2 NVMe SSD
容量250GB~4TB
放熱構造ヒートシンクなどの放熱構造が必要
シーケンシャル読み込み速度5,500MB/秒以上を推奨 
モジュールの幅22mm幅(25mm幅は非対応)
対応サイズtype 2230、2242、2260、2280、22110
ソケットタイプSocket 3 (Key M) 
放熱構造(ヒートシンクなど)を含むサイズ110mm (L) x 25mm (W) x 11.25mm (H)未満
長さ30mm、42mm、60mm、80mm、110mm
22mm
ヒートシンクを含めた高さ25mm
高さ基板から下2.45mm 基板から上8.0mmまで 

なぜPS5に増設SSDが必要なの?

PS5のSSDは665GBと大容量ではありますが最近のゲームも大容量になってきています。

AAAタイトルになると100GB以上になります。665GBでも5本入れればいっぱいになるので増設は必須になります。

こちらのPS5に外付けSSDとHDDを付けて動作速度を検証!】でも増設が必須なのは話しましたが容量不足になりゲームを削除するようになるかもしれません。

もちろん購入したゲームはもう一度インストール出来ますが、インストールするだけで数十分から1時間強かかるのでSSDを増設した方が遊びやすい環境が作れる様になります。

PS5に外付けSSDとHDDを付けて動作速度を検証!

M.2SSD選びの注意点

必要スペックに記載していますがM.2SSDならなんでも良いわけではありません。

対応するM.2 SSD
対応しないM.2 SSD
  • PCIe Gen4x4 M.2 SSD
  • NVMe SSD
  • ソケットKey M
  • 幅22mm
  • ヒートシンクを含めた高さ25mm
  • PCIe Gen3 Gen2 Gen1
  • SATA
  • ソケットKey B
  • 幅25mm
  • 高さのあるヒートシンク

この4つを押さえておけば大丈夫です。

M.2SSDは見た目はほぼ一緒でもNVMeタイプとSATAタイプが販売されているので注意してください。

ヒートシンクって必要?

SSDが熱暴走することを防ぐために「サーマルスロットリング」と言う機能で壊れる事を防ぐ機能がついています。

ただしサーマルスロットリングが動き出すとSSDの動作が極端に下がるため、低速になってしまいます。

ヒートシンクは必ず装着しましょう。

ヒートシンクのサイズは「基盤上から8mmまで」とありますが、SSDとヒートシンクの間に挟む「シリコンパッド」が必要になるので6mm未満が良いです。

SSDカバーを外せばもっと大きなヒートシンクを付けることもできそうですが、放熱設計された筐体なのでSSDカバーは着けたままが良さそうです。

使えなかったSSD

私の持っているcrucialのGen3SSDは電源入れると使えないとメッセージが表示されました。規格が“ほぼ”一緒でもPS5側で認識しないようになっています。

お前の役目は終わったよ

今回使ったSSDのスペック

型番CSSD-M2B1TPG3VNF
規格PCI Gen4 NVMe SSD
サイズType2280
読込速度5000MB/s
書込速度4400MBps
コントローラーPhison PS5016-E16
DRAMキャッシュDDR4 1GB
NANDタイプ3D TLC

ソニーのHPに記載されているより読込速度が1割程度遅いですが体感的には変わらないのではと考えて安めのSSDを購入しました。

もっと高速なSSDも出ていますが(恐らく)十分なスペックになります。

SONYのHPに記載されている画像も貼り付けておきます。

ソニーより引用

M.2SSDの増設方法

PCにSSDをつけるよりかなり簡単取り付けの設計になっています。ドライバー1本あれば大丈夫です。

ソニーのHPにも交換方法が記載されているのでリンクを貼っておきます。

参考 ベータ版ユーザー向け:PlayStation®5にM.2 SSDを取り付ける方法

こちらの記事ではPS4のゲームを外付けSSDとHDDの比較しています。

PS5に外付けSSDとHDDを付けて動作速度を検証!

本体カバーを開ける

本体カバーはディスクを入れる面の白いカバーを外します。

上部後方に引っ掛かりがあり、引っ掛かりを上げながら下側に下ろすと簡単に外れます。

写真の左上側にストッパーではまっています
カバー内側の2つの丸い出っ張りがストッパー

SSD増設カバーを開ける

SSDカバーはシルバーのプレートがねじ止めされているのでドライバーで外すとM.2SSD増設部が見えます。

埃が…
カバーを外すと黒いネジと銀のスペーサーが装着ずみです

SSDを増設

増設用のネジとスペーサーがPS5本体側についているので、ネジとスペーサーで取り付けましょう。

このSSDは使えない方のSSDです

ここでヒートシンクを装着します。

注意!

付属しているスペーサーを使わないと故障の原因になります。スペーサーを付けないと

  • SSDが湾曲する
  • 背面の熱が篭りやすい
  • 熱暴走で壊れる可能性がある
  • 基盤配線が金属に触れてショートするかも

必ずスペーサーは付けましょう!

SSDを搭載して電源を入れるとM.2SSDを認識してフォーマットするように言われます。「M.2SSDをフォーマット」を選択すると10秒くらいでフォーマットが終わりました。

内蔵SSDとM.2SSDの速度をPS5版デモンズソウルで比較

デモンズソウルは容量が53.73GBになります。理論値通りに移動できれば15秒で移動できるはずですがどうでしょうか。

ストレージが3種類ありますがPS5用に使える物は本体ストレージとM.2ストレージになります。

今回試したのは

  • 内蔵SSDからM.2 SSDへ移動
  • M.2SSDから内蔵SSDへ移動
  • PS5用デモンズソウルのタイトル画面からゲーム開始までの時間

以上になります。

移動するゲームを選択
PS4とPS5は別々に管理されています

移動速度はかなり違うがゲーム内の速度は違いが少ない

移動項目移動速度
内蔵SSDからM.2へ移動約44秒
内蔵SSDでタイトル画面からプレイ開始までの時間約5.8秒
M.2SSDから内蔵SSDに移動約3分55秒
M.2SSDでタイトル画面からプレイ開始までの時間約6.7秒

*デモンズソウルはオンライン接続タイトルなのプレイ環境で速度が変わる可能性があります。またセーブデータによっても変わると思うので目安としてください。

内蔵からM.2は53.72GBを44秒とかなり高速で移動していました。12GB/sくらいです。

ただM.2から内蔵SSDは3分以上かかって移動していたので229MBとUSB並みの速度とかなり低速。

ゲームプレイまでの時間は約1秒の差があるものの実際にゲームをするには問題ない速度なのでM.2Gen4のSSDならどれでも良いですね。

私は価格勝負でCFD販売のM.2 Gen4を選びました

PS5に使えるM.2SSD 5選

①CFD販売 CSSD-M2B1TPG3VNF

今回私が購入したSSDです。Gen4用のSSDでは速度は平均的ですが価格が他社より安いのが特徴です。

デモンズソウルでロード時間が2割くらいは遅くなりましたが、6秒と5秒の差なので変わったようには感じませんでした。

型番CSSD-M2B1TPG3VNF
規格PCI Gen4 NVMe SSD
サイズType2280
読込速度5000MB/s
書込速度4400MBps
ヒートシンク別売

②SEAGATE FireCuda 530 ZP1000GM3A013

PS5の転送速度と同じ7000MBps以上の速度で読み込めるM.2SSDです。

型番ZP1000GM3A013
規格PCI Gen4 NVMe SSD
サイズType2280
読込速度7300MBps
書込速度6000MBps
ヒートシンク別売

③Western Digital SN850 WDS500G1X0E-EC 

ウエスタンデジタルはSanDiskを子会社に置くストレージメーカーの最大手のメーカーです。SanDiskはSDカードでシェア1位のメーカーなのでメモリメーカーとしての信頼は大きいですね。

こちらの製品も高速読込に対応しています。

型番WDS500G1X0E-EC 
規格PCI Gen4 NVMe SSD
サイズType2280
読込速度7000MBps
書込速度4100MBps
ヒートシンク別売

④Seagate FireCuda 520 ZP500GM3A002

シーゲートも古くからあるストーレージメーカーになります。

速度はM.2 Gen4としては通常の製品ですが上記の高速のSSDに比べて安いのが特徴なので、最速よりも容量勝負という方には良い製品です。

型番ZP500GM3A002
規格PCI Gen4 NVMe SSD
サイズType2280
読込速度5000MBps
書込速度4400MBps

⑤Patriot Memory Viper VP4300

パトリオットと言うメーカーは知らない方も多いと思いますが、ここ10年でPCパーツメーカーとして出てきたメーカーです。HDDと違いSSDは新興メーカーが増えて選択肢が多くていいです。

超高速な書き込みとヒートシンクも専用のものが付属しているので安心ですね。

型番CSSD-M2B1TPG3VNF
規格PCI Gen4 NVMe SSD
サイズType2280
読込速度7400MBps
書込速度5500MBps
ヒートシンク付属

ヒートシンク選びは厚さに注意

ヒートシンクはサイズが合えば問題ないです。私は4mm厚の純銅ヒートシンクを購入しました。

SSDよりサイズは小さいですが、熱を発するメモリ部とコントローラー部にパッドが当たれば大丈夫なので少し小さめで良いです。

PS5にM.2SSDを実際に装着!使えないSSDも一緒に解説します!のまとめ

PS5の内蔵SSDは特殊設計のSSDで7000MBPSと高速なSSDですが今回使ったCSSD-M2B1PG3VNFは読込5000Mbps/書込4400Mbpsと70%の能力しかありません。

PS5のゲームプレイでは若干の差はあるもののプレイに支障はありませんでした。

7000Mbpsと高速なSSDもありますがこの程度の差なら安いSSDでも良いと感じました。

SSDはスペックで選ぶか価格で選ぶか迷うところですが、必ずGen4以上のSSDを選んで下さい。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です