初めてのデジタルオーディオ!40,000万円以下の選び方

今回はデジタルオーディオプレーヤー通称「DAP」の紹介になります。

ポータブルオーディオって選び方は難しいですよね?

勿論全て聴いてみれば良いのでしょうけど、私みたいに地方に住んでいると試聴も出来ないのでネット情報を頼りにします。

Googleで「DAP おすすめ」とか「ポータブルオーディオ おすすめ」で検索しても本当にDAPで音楽を聴いていない人がAmazonから適当に拾った画像でレビューっぽくしている記事が多い!

で10台以上のDAPを取っ替え引っ替え使いながら店頭でも試聴を繰り返している私が、初めて購入する方に向けて40,000円以下でおすすめのDAPを紹介します。

 

 

40,000円未満のDAPを選ぶ基準4つ!

①ストリーミングを使うか
②バランス接続するか
③Bluetoothを使うか
④アプリで音楽を聴くか

この4点です。

音質じゃないのかよ!と思いますが、音質って「良し悪し」ではなく「好み」だとおもいます。

 

寒色系・暖色系・高解像度・高音が綺麗・低音が強いなどプレーヤーによっての音質の違いなど沢山比べる所がありますが、全て好みです。なんとなく違いが分かっても良いか悪いかなんて判断出来ないです。

 

実際私がそうでした。

 

一応DACによっての傾向はありますが感じ方は人それぞれなので

 

デジタルデータをアナログデータに変換するチップです。ここで音の傾向が変わってきます。
ESS 旭化成 ウルフソン CIRRUS LOGICなどが有名です。

「ハイレゾ」や「DSD」と言われる高音質な音楽もこれから紹介するDAPは全て対応します。

そういった機能は全て付いている前提で選ぶ基準を決めました。下記の表のDAPは全てハイレゾ対応です!

①ストリーミングサービスを使うか

最近のDAPはAndroidを搭載しSpotifyやAmazonMusicなどのアプリも対応してきてます。

ハイレゾどころかCD以下じゃないか!っておもいました?

CD100枚持ってる人がDAPを買うなら100枚分の音源を持っていますが、そうじゃないですよね?だからこそストリーミングサービスは重要になってきます。

表のカスタムAndroidのDAPはGoogle playはインストールさてれいませんが、APKPureと言うアプリから「Spotify」「LineMsic」「AWA」「Amazon music」の確認はできました。

APKPureについてはDX220で紹介しました。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://digitalgadgetmania.com/dx220/ target=]

▽私が使っているアプリ

実際に私はAmazon musicでも聴いています。

もしAndroidのDAPの予算が無いなら、大量レンタルして取り込んだ方がいいかもしれません。

②バランス接続するか?

イヤホンの端子を見ると銀色の部分が3箇所あるのはわかりますか?これがバランス接続用のイヤホンは銀色の部分が4つに分かれています。

▽イヤホン側 左側が4.4mmバランス端子で右側がアンバランス3.5mm端子です。

▽こちらはデジタルオーディオプレイヤー側 左が4.4mmバランス端子で右側が3.5mmアンバランス端子

これはNW-WM1Aになります。

大雑把に言うと電気の流れが左右のプラスとマイナスが独立してそれによって音の分離感が変わってきます。

更に高音質で聴きたい!って方は将来を見据えてバランス接続対応のDAPを買いましょう。

バランス接続の端子は2.5mmと4.4mmの2種類あります。同じイヤホンでもリケーブルしてバランスで聴くと違って聴こえます!

イヤホンはケーブルを替えられる物があります。ケーブルを帰る事でバランスに対応させたり音質の変化が楽しめます。

③Bluetoothイヤホンをを使うか?

有線イヤホンしか使わない!って方は無くても大丈夫です。実際私はBluetoothイヤホンは使っていませんがケーブルが無いのは本当に楽ですけどね。

こちらは知人から借りていたTechnics EAH-A70Wと私が持っているHidizs AP80

殆どのDAPはBluetoothに対応していますが、Bluetoothでも送信と受信に分かれます。送信は無線イヤホンを繋ぐ際に使う機能で、受信はスマホと繋いで音楽を聴く機能です。

それぞれコーデック(音質に関わるもの)が変わる為どの規格に対応しているかが重要になります。

SBCは音質的にダメですがAACなら良い音質で聴けます。AptxはCDと同程度でAptxHDとLDACはハイレゾ相当です。

FIIO M9はイヤホンで聴く時は良い音ですがスマホの受信はSBCなので低音質になります。

④自分のアプリで音楽を聴くか?

どのDAPも音楽を聴くソフトは入っていますが、Androidなら自分の好きなアプリを挿れて聴くことができます。

私は「Neutron」と言うアプリを使って聴いていますが、それ以外に「HibyMusic」や「HFPlayer」など音楽を聴くアプリがたくさん出ています。

今回の40,000円未満のDAPだとGoogle playがインストール済みはウォークマンA105シリーズのみになりますがカスタムAndroidの機種はAPK Pureというアプリがインストールされていてそこからダウンロードできます。

NeutronはplayからインストールするかNeutronのHPからAPKファイルを購入しダウンロードして下さい。
私はDX220と言うDAPにplayを入れて使っています

選ぶ基準はこの4つで良いです。

価格は2020年9月頭に調べた価格なので参考までにどうぞ

各メーカーのHPや価格COMの情報を元に作りましたが、もしかしたら抜けがあるかもしれません。

40,000円以下のデジタルオーディオプレーヤー一覧

スクロールできますよ→

メーカー Sony Sony iriver Fiio Fiio Fiio Cowon Hiby Hiby Ibasso Ibasso Shanling Shanling hidizs hidizs
型番 NW-A55 NW-A105 SR15 M9 M6 M5 PLENUE D2 R3Pro Saber R3Pro DX120 DX160 VER2020 M0 q1 ap80 ap80pro
金額 20,000円 30,000円 39,800円 32,000円 17,000円 11,000円 34,000円 30,000円 23,000円 30,000円 39,800円 13,000円 17,000円 17,000円 22,000円
DACの種類 CS43198 AK4490EN ES9018Q2C AK4377 CS43131 ES9218P CS43131 AK4495EQ CS43198 ES9218P ES9218P ES9218P ES9218P
デュアルDAC
内蔵メモリ 16 GB 16 GB 64 GB 2 GB 2 GB 64 GB 32 GB
OS Android カスタムAndroid カスタムAndroid HiBy OS HiBy OS Mango OS カスタムAndroid MTouch OS MTouch OS HiBy OS 3.0 HiBy OS 3.0
インターフェイス WM-PORT Type-C microUSB Type-C Type-C Type-C microUSB Type-C Type-C Type-C Type-C Type-C Type-C Type-C Type-C
バランス端子 2.5mm 2.5mm 2.5mm 2.5mm 2.5mm 2.5mm 4.4mm 2.5mm
再生時間 45 時間 26 時間 30 時間 15 時間 13.5時間 45 時間 19 時間 20 時間 16 時間 12 時間 15 時間 21 時間
量子化ビット数 32bit 32bit 32bit 24bit 24bit 32bit 32bit 32bit 32bit 32bit 32bit 32bit 32bit 32bit 32bit
サンプリング周波数 384kH 384kHz 768kHz 192kHz 192kHz 384kHz 192kHz 384kHz 384kHz 384kHz 384kHz 384kHz 384kHz 384kHz 384kHz
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2 非対応 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2
Bluetooth送信① SBC/aptX SBC/AAC/aptX SBC/aptX SBC/aptX/aptX HD SBC/aptX/aptX HD SBC/AAC/aptX/ SBC/AAC/aptX SBC/AAC aptX/LDAC SBC/AAC SBC/AAC aptX SBC/aptX/
Bluetooth送信② aptX HD/LDAC aptX HD/LDAC aptX HD LDAC/HWA LDAC/HWA
aptXHD/LDAC/HWA
LDAC/UAT aptX/LDAC aptX/LDAC LDAC LDAC/UAT
Bluetooth受信 SBC/AAC/LDAC SBC SBC/LDAC
SBC/aptX/LDAC
SBC/AAC/LDAC aptX
Bluetoothレシーバー
ストリーミング
USBDAC
幅x高さx奥行 55.7×97.3×10.8 mm 40x45x13.5 mm 57.5×99.7×16.1 mm 60x106x13.3 mm 53.3×92.5×11.5 mm 45.3x42x13.7mm 53.1×79.2×14.9 mm 61x82x13 mm 61x82x13 mm 63x113x15 mm 40x45x13.5 mm 62x75x16.5 mm 56x61x13.8 mm 56x61x13.8 mm
重量 99 g 103g 154 g 133 g 83 g 38g 97 g 165 g 38 g 133.2 g 70 g 68 g
WIFI
アプリのインストール APKpure APKpure apkpure

いらなそうな情報は無くし必要最低限の情報のみ記載しました。記載の無い部分は機能の無い物もしくはメーカーのHPに記載が無い物です

2018年以降に発売したDAPを記載しています。

表に記載されていないけど全てのDAPに付いている機能

 

量子化Bit
CD
16Bitでハイレゾは24Bit以上
これが大きくなると高音質になるがデータ量も大きくなる。

サンプリング周波数

CD44.8khzでハイレゾは96khz192khzなどおおきくなります。

こちらも数値が高いと高音質になります。

mp3

圧縮してある音楽データ

データが小さくなるが音質も下がる。CDを取り込むときはmp3はダメですよ。

FLAC

圧縮してあるけどもとに戻せる可逆圧縮方式の音楽データです。

CDを取り込む際はソフト側でFLACに変更しましょう。

ALAC

FLACMac版。Macの場合はこちら

mp3

圧縮してある音楽データ

データが小さくなるが音質も下がる。CDを取り込むときはmp3はダメですよ。

DSD

その昔SACDと言われる高音質なCDがありましたが、そのCDに使われていた方式です。

通常のCDは「PCM16bit 44.8klzで保存されていますが、DSD1bit 2.8Mhzと表記されます。

 

その他音質を良くする機能

デュアルDAC

左右の音をそれぞれのDACがアナログ変換します。バランス接続の際に有効になります。

その他必要なモノ

 

初めてのおすすめイヤホン

これが無いと始まらない。

おすすめは

5,000円くらいならfinal E3000

10,000円くらいならJVCのHA-FW7

30000円出せるならAstell&KernのDiana

wirelessならNOBLE FALCON

このあたりがオススメです。

でも出来れば試聴してくださいね。

②SD Card

内蔵のメモリでも良いのですが、曲が沢山入ってくると管理が面倒になってきます。内蔵とSD両方使うのであればSDだけで使用した方が管理しやすいです。

SDはどの程度曲を入れるかによって変わりますが、CD1枚700MBなので100枚入れると70GBになります。

今後も沢山音楽を聴くのであれば128GBか256GBくらいを用意しましょう。ハイレゾデータはCDの3倍から5倍くらいの容量になるのでそこを含めて購入してください。

音楽を入れるSDに速度は必要ないですが、私は信頼感からSanDiskを選ぶ事が多いです。

③PC

これが無いと始まらない。

音楽の取り込みにはCPUの性能はそこまで必要ないので古いPCでも大丈夫です。最近のモバイルPCはSSDで容量が少ないのでその場合は外付けHDDなどで増設してください。

ちなみにストリーミングのみで使う場合はPCは無くても大丈夫です。

WALKMANのA105ならCDから直接取り込める機能も付いていてIOデータから出ているこのドライブが対応します。

とりあえずこれがあれば大丈夫です。

2020年4万円未満のおすすめDAPは?

4万円以下でも種類も機能も沢山あるのでストリーミング対応のDAPと無いDAPで分けました。

ストリーミング対応でおすすめ

①Ibasso DX160 2020

5インチモニターで見易いだけではなく価格の割にパワーもあります。

4万円未満で唯一の4.4mmバランス端子搭載

個人的にMangoOSはシンプルすぎて痒い所に手が届きませんが、HibyMusicなどアプリを入れて聴ける所は良いです。

欠点は再生時間が他のDAPより短くバランス接続は更に短くなります。

②Fiio M9

DX160に比べて画面は小さいが2.5mmバランス端子搭載でアプリも入れられます。

再生時間も30時間と長め

わたしのDAPの始まりはFiio x1でした。

③Sony A105

安定感はどのDAPよりも良くウォークマンアプリも他のDAPよりもかなり使える

本体が小さく持ちやすいが、上記の2機種と違いバランス端子は非搭載

ストリーミング無しでおすすめ

①Hiby R3ProとHiby R3Pro Saver

Hibyの使いやすさと音質の良さは他社のDAPの一段上を行きます。

他社にも提供しているHiby musicは使いやすいです。

 

上記のDAC違い!こちらはESSのSaverというDACが入っていて高質な音楽を聴かせてくれます。ESSのDACは寒色系の音ですが中高音が綺麗に響くので女性ボーカルに合うと思います

個人的にESS DACの音質が好きなのでお勧めです!

 

②Hidizs AP80

超小型の70グラムでソフトはHibyOSを使っているのでソフトの安定感は良いです。

手持ちの荷物を軽くしつつワイヤレスイヤホンを使うとケーブルも邪魔にならない。

 

バランス接続も楽しみたい方はPro版をどうぞ

 

以上になります。

音質は好みになるので出来れば聴き比べて良い方を買ってください!

本当は5万円以下でやろうとしたこの記事でしたが6万円前後のから種類が増えて区切りにくいので4万円にしました。



私はAmazonやヤフーショッピングも使うのですが、オーディオは中古を含めてフジヤエービックで購入する事が多いです。専門店なので安心ですよ!



初めてDAPを買う際は販売店に足を運び気に入ったDAPとイヤホンを選んでください。

 

ちなみに私はイヤホン・ヘッドフォン・DAPを含めてほぼ無視聴で購入しています^^;

 

こんな私でも気にいるDAPを見つけましたからきっとあなたも見つけられますよ!

 

ではまた!

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です