PS5で高音質ボイスチャットがしたい!PS4・Switchでも使えるオーディオインターフェースとUSB DAC5選

今回はPS5で使えるオーディオインターフェースとUSBDACの紹介です。ゲーム機にUSBDACなんていらないよと言う方も、PS5では(ほぼ)必須になります。

PS5には「Tempest3D」と言うバーチャルサラウンド機能がありますが、必要条件として①デュアルセンスにイヤホンを繋げる②USBDACを繋げる。の2種類になります。

今後PS5のゲームを楽しむならUSBDACは必須なのです!

そこで今回はPS5で使えるUSBDACとオーディオインターフェースを紹介します。

Tempest3Dとは?

Tempest3D

テレビでPS5のゲームをプレイしているとグラフィックの凄さは体感できますが、音楽については過去のゲームと変わらないですよね。ゲーム体験は映画と一緒で映像と音声で世界に引き込まれるとゲーム体験が数倍変わってきます。

Tempest3Dはそのゲーム体験を格段にUPしてくれる機能で、PS5のゲーム体験が全く変わってきます。

Tempest3Dはバーチャルサラウンドの進化版で「5.1ch」や「7.1ch」などスピーカーの数を増やすことで臨場感を出していましたが、Tempest3Dは360度全方向から音が聞こえる様になるオーディオ設定です。

ただPS5用のゲームでは体験できますが、PS4のゲームでは通常の2chの音声になりますが、体験できるゲームはまだ少ないです。

高いアンプとヘッドホンでプレイしてもある程度の臨場感は体験できますが、安いUSBDACとヘッドホンでTempest3Dを体験した方がゲームの臨場感が全く違ったものになります。

安くてもUSB DACを用意しましょう!

PS5のTempest3Dを手持ちのイヤホン・ヘッドホンで体験!どんなイヤホンが体感出来るは本当か?

PS5に使えるUSBDACの条件は?

 PS5対応USBDAC

PS5にUSBDACを付けることでTempestを体感できますが「PS5対応」を謳っているUSBDACは少ないです。

そこでPS5対応を謳っていない物も含めて動作チェックしました。色々確認したところ「UAC1.0」対応の機器がPS5で動作する様です。

UAC(ユニバーサルオーディオクラス)とは

ユニバーサルオーディオクラスの略でPCやMacでドライバーソフトが無くても動作するオーディオ機器の規格です。AndroidやIPhoneでも動作するので接続出来る機器は多いです。

USBクラスコンプライアントとも言います。

  • UAC1.0 24Bit 96kHzまで
  • UAC2.0 24Bit 96kHz以上とDSD

PS5がUAC2.0に対応したら最強なんですけどね。

USBDACの記事

PS5動作未確認の機種も含めて色々使ってみました。

二千円のDACと三万円のDACはゲームの臨場感が全く変わってきます。

「とりあえずデュアルセンスより良い」程度なら2000円くらいのものでも大丈夫ですがゲームの作り手が感じた本当の音を体感したいなら1万円以上のUSBDACを選びましょう。

オーディオインターフェースとUSBDACの違い

明確な違いはないと思いますが、私は

  • USBDAC=イヤホンジャックのみの製品
  • オーディオインターフェース:マイク入力のある製品

この2つで分けました。

Lotoo Paw S1

スマートフォンやIpadで高音質の音楽を聴くためのUSBDACです。私はPCで使っていますが、PS4やPS5でYouTubeや映画を見る際に使っています。

  • 今回紹介する中でダントツの高音質
  • USB-C USB-A共にPS5で認識
  • 小型なのにボリュームボタンが付いていて使いやすい
  • 液晶表示が見やすい
  • 4.4mmバランス端子搭載
 

ゲーム中の会話や音楽が、一枚皮が剥けて濃厚な“音”となって聴こえます

“銃の音””足音”がはっきり聴こえる様な機能は無いので、シングルプレイでストーリー重視のゲームに向いています。またYoutubeやAmazonprimeを視る方にもおすすめです。

PS5に繋げると低音は強めに出ますが声が生々しく聞こえて、ゲーム全体の音が立体感を持った様に聞こえます。

動作した機器も多くUSB-Cポートのガジェットは全て対応しました。

LotooPaw S1の動作を確認した機器

  • PS5
  • PS4
  • Nintendo Switch
  • Ipad
  • IPhone
  • Android
  • Windows10
【Lotoo PAW S1レビュー】 このスマホを高音質にするDACがあればエントリー機のDAPはいらない

creative Sound Blaster Play!3

PS4SLimを持っていた時に購入したオーディオインターフェースで、PCのモニターにスピーカーが付いていない為購入しました。

PS4のデュアルショック4接続に比べてマイクの声が聞こえやすくなりました

PS5のデュアルセンスのイヤホン端子と聴き比べると、イヤホンから聞こえる音質は若干低音よりで足音や銃声が聞こえやすくなります。

音楽用としては高音が弱めで”高音質”では無いです。PS5にイヤホン端子が無いのでその為に付けるのも良いですね。

  • 価格が2,000円と安い
  • マイクとヘッドセット2つ付き
  • PS5に挿すだけで認識
  • ボリュームはPS5のメニューから変更が必要

creative Sound Blaster Play!3の動作を確認した機器

  • PS5
  • PS4
  • Nintendo Switch(Switch dock接続) 
【Creative Sound Blaster Play! 3】 レビューPS4で使える格安USBDAC 気軽に音質UP!

creative Sound Blaster Play!4

 
今回紹介するオーディオインターフェースで一番新しい製品です。

サウンドブラスターシリーズですが、creativeの売り込み方は”テレワーク用”ですね。

EQボタンを押すと声が聴きやすくなる“ダイナミック”と、足音や銃声が聞こえやすくなる“バスブースト”機能が付いています。

creative Sound Blaster Play!4はWindows10に接続した際のアプリが優秀で、自分側だけでなく相手側のノイズもカットして聴こえやすくする機能がついています。

 

・USB-CとUSB-A対応
・マイクオフボタンが付いている
・EQボタンで音質変更
・Windows用のアプリが優秀
 
 
 

creative Sound Blaster Play!4の動作を確認した機器

・PS5
・PS4
・Nintendo Switch
・IpadPro(USB-C)
・Android
・Windows10
 
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://digitalgadgetmania.com/play4/ target=]

 

PS5で使えたオーディオインターフェース Behringer XENUX 302USB

 

PS5でボイスチャットする時の最大の欠点は?それはボリュームの変更がゲーム中に出来ない事です。

このBehringer XENUX 302USBなら手元にボリュームのツマミがついているのでゲーム中でも微妙なボリューム変更ができます。特にマイクボリュームは自分で気付きにくいので、プレイ中のフレンドに確認しながら変更できるのは本当に優秀です。

ここまでの機能がありながら8,000円以下で購入できるのも良いですね!

音楽やビデオ鑑賞よりもフレンドとの会話や配信で使うなら、Behringer XENUX 302USBは間違い無いでしょう。

 

・マイクとイヤホン端子が豊富
・ボリューム変更が簡単
・ゲーム用の機能は無い
 

Behringer XENUX 302USBの動作を確認した機器

・PS5
・PS4
・Nintendo Switch
・Windows10
 
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://digitalgadgetmania.com/xenyx302usb/ target=]
 

PS5で使えたBluetoothアダプタcreative BT-W3

BT-W3はテレビに接続しているアンプが壊れた際に購入したBluetoothアダプタです。APTXLLと言う低遅延の音声がありBluetooth特有の遅延も感じ難いアダプタです。

マイクの音質は悪いのでボイスチャットには不向きな製品ですが、ケーブルが無い事の開放感はこのBT-W3でしか味わえません。

Bluetoothイヤホンを購入する際はAPTXLL対応を購入して下さい。

・Bluetoothでケーブルが無い
・APTXLL接続なら遅延も少ない
・ボイスチャットは音質の悪い”HPS”接続なので不向き
・安いBluetoothイヤホンだと遅延が酷い
 
 

creative BT-W3の動作を確認した機器

・PS5
・PS4
・Nintendo Switch
・Windows10
 
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://digitalgadgetmania.com/creativebt-w3/ target=]
 

PS5で使えなかったUSBDAC

今回は検証を兼ねて試したので分かっていたのですが接続ができないUSBDACもありました。

意外だったのはFIIO BTR5が接続できませんでした。BTR5にはUAC1.0対応なので使えると思ったのですがPS5側で認識しません。

・Chord HUGO2
・Ibasso DC03
・OPPO HA-1
・FIIO BTR5
 
 

PS5・PS4・Switchでも使えるオーディオインターフェースとUSB DAC5選のまとめ

今回は以上になります。
PS5でオーディオインターフェースを使う人がいるのか?なんて疑問も湧きますが、ネットで検索してもあまりヒットしませんでした。
ヒットしないと言う事は需要が少ないのだと思いますが、少ない誰かの参考になれば幸いです
個人的にはLotoo Paw S1の音質は他には無い解像度があり、接続出来る機器も多いのでゲーム機以外でも使える事から一番おすすめのUSBDACです。
PS5でこのブログを見に来た方はLottoで何?って感じでしょうけど高音質を追求し過ぎている会社なので、音質面はおすすめ出来る会社です
LotooのHPはこちらからどうぞ
 
 
ではまた!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です