ゼンハイザーHD560Sのイヤーパッド交換 HD5XXシリーズなら使える汎用イヤーパッド

今回紹介するガジェットはGeekeiaの合皮製イヤーパッドになります。

ゼンハイザーのHD5XXシリーズはイヤーパッド部が共通なので汎用のイヤーパッドがたくさん出ています。

私もHD598を10年近く使っていてイヤーパッドがボロボロになったので交換したことがありました。ゲーミングヘッドセットのPC38X含めて装着感と音質をレビューしていきます。

Geekria HD5シリーズ用イヤーパッド

特徴

  • 高品質のメモリーフォームとプロテインレザーで作られたイヤーパッド
  • 古くなったイヤーパッドを交換できます。
  • 新しいイヤーパッドに交換して、耳をより快適にします。
  • Sennheiser HD598 HD598SE HD598CS HD598SR と対応でき、耐久性と柔軟性のある優れたイヤーパッドです。

音質寒色
暖色
音場狭い
広い
高域弱い
強い
ボーカル遠い
近い
中域
低域弱い
強い
装着感悪い
良い
おすすめ度
イマイチ
おすすめ
良いポイント
  • 安い
  • HD5XXシリーズ対応
  • PC38X対応
  • 低音が強めに出る
  • 音漏れが少なくなる

イマイチなポイント
  • 音がこもりやすくなる
  • 蒸れやすくなる

Geekria HD5シリーズ用イヤーパッド レビュー

素材
  • 合皮

付属品
  • イヤーパッドスポンジ
  • イヤーパッド外し
  • メガネ拭き(何で?)

Geekria HD5シリーズ用イヤーパッド外観と付属品

イヤーパッドはHD560S純正に比べれは厚みがありました。

裏面の作りは純正と変わらないように見えますが、イヤーパッドを引っ掛ける部分が二重になっています。

イヤーパッドの反発は少なく肌に密着して音漏れを防いでくれます。

右はHD560S付属のイヤーパッド
Geekriaのイヤーパッドが大きい

レビューの為に入れ替えをしていたら付属のプラスチックが曲がっちゃいました。

付属品は重要

イヤーパッドを外すためのギターピックのような物が付属していましたが、このギターピックを使わずに取付取外しをしていたらイヤーパッド側のプラスチック部が少し曲がってしまったので外す際は必ず使いましょう。

Geekria HD5シリーズ用イヤーパッドをヘッドホンに装着

HD598

装着感は現在使用してるイヤーパッドに近いですが肌に密着している感覚が強いです。その為汗をかきやすくなり夏場は使いにくそうです。

音質は低音の響きが強くなり中域が引っ込むのでHD598にはお勧めできません。

Sennheiser HD598イヤーパッド交換 ヘッドフォンを長く使うなら簡単にヘッドフォンを長持ちさせる!

HD560S

HD560Sのイヤーパッドは薄めに作られているので、イヤーパッドを変更すると数ミリ耳から離れるような配置になります。

その為空間が広がり低域が強調されるのでHD598に近い音質になりました。HD560Sにはお勧めできます。

ゼンハイザー HD560Sレビュー 映画ゲームに最適な開放型ヘッドホン

PC38X

PC38Xは2種類のイヤーパッドが付属していますが、両方とも硬めのイヤーパッドです。イヤーパッド側から音を逃さない為だと思いますがHD598やHD560Sに比べると装着感が落ちます。

Geekriaイヤーパッドを着けると更に音を逃さなくなり低音が増強されました。ただ中高域の聞こえ方が遠くなるのでFPSやTPSをガチでプレイしている方にはあまり向かないかもしれません。

ゲームプレイ全体では迫力が増すのでGeekriaイヤーパッドを装着するのはありだと思います。

ゼンハイザーPC38Xレビュー この価格以上の音質を体感できるゲーミングヘッドセット

ゼンハイザーPC38Xのイヤーパッド交換 HD5XXシリーズなら使える汎用イヤーパッドのまとめ

今回はHD5XXシリーズ用の革製イヤーパッドの紹介でした。

イヤホンはイヤーピースを交換することが(マニアの間で)一般的です。ヘッドホンはパッドが各社違うのでイヤホンのように交換は難しいですが、同メーカーなら交換できるのは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です