Beyerdunamic DT1990PRO レビュー 中高域の精細感を求めるにはおすすめのヘッドフォン!

今回ご紹介するヘッドフォンはBeyerdunamicのDT1990PROです。このヘッドフォンは発売が2016年と4年前のモデルになります。

 

モニターヘッドフォンはSONYのMDR-M1STを持っていますがそれと聴き比べをしたいと思い中古で購入しました。

 

私の場合音楽を聴くだけではなくテレビやゲームでも使用するので、そういった用途に使えるかもレビューしていきます。

created by Rinker
ベイヤーダイナミック

BeyerdunamicのDT1990PROスペック

ダイナミック、開放型

ドライバーユニット 45mm(テスラ2.0ドライバー)

インピーダンス 250Ω

最大入力 200mW

再生周波数帯域 5~40,000Hz

感度 102dB(1mW/500Hz)

歪み率 0.05%以下(1mW/500Hz)

プラグ形状 3.5mmステレオミニプラグ

ケーブル長さ 約3m(ストレート)・約5m(カールコード)

▽Beyerdunamic DT1990PROの付属品

付属品:・カールコード(約5m)

ストレートケーブル(約3m)

6.3m変換アダプタ

キャリングケース

生産国:ドイツ

 

▽アクアサリー全てがケースに入る!

BeyerdunamicのヘッドフォンはT90も所有していますが、こちらもケースは付属していました。

 

Beyerdunamic DT1990PROのイヤーパッド

▽アナリティカル

パッドが柔らかめで背面の穴が少なめ。装着感は良い。

 

▽バランスドイヤーパッド

パッドが固めで背面の穴が多い。締め付けがキツク感じるDT1990PROでパットが硬いと長時間はきつい。

▽アナリティカルとバランスドイヤーパッドの裏側


▽イヤーパッドを外した所


装着する時は溝に合わせてクルクル回すと簡単に付けられます。

 

▽カバーを外した所


▽更に部品を外してドライバー部

ドライバーの上に白い吸音材が付いています。

▽ガイドがあるので取り付けも簡単でした。


装着感は強めで人によってはキツく感じるかも

 

今回は中古をラクマで購入しましたが若干タバコ臭い… 一応装着している時は臭わないので大丈夫です。

 

タバコの臭いは消せるので大丈夫ですが、そこはちゃんと表記してもらいたいですね。

 

Beyerdunamic DT1990PROの付属ケーブル

3.5mのストレートケーブルとカールケーブルが2本付いて、それぞれに6.3mの変換アダプターが付いています。


▽ストレートケーブル3m

 

ちょっと反発が強いケーブルです。

 

▽カールケーブル5m

 

カールされているので5mなので実際は1.5m位。

 

▽ケーブルには両方とも6.3mmアダプターが付属

二個も必要?

 

▽ヘッドフォン側の端子部

3ピンなのでアンバランス接続になります。AKGのヘッドフォンも使われているので汎用ケーブルは選択肢が多いです。ただバランス化したい…

 

Beyerdunamic DT1990PROの音質レビュー

価格comやAmazonなど色々なレビューがありますが解像度の高さが特徴です。

 

確かにテレビ用に普段使いのHD598に比べてもクッキリハッキリして硬めで冷たい印象です。T90に比べても全体的に解像感が高め、かつ冷たい印象です。中音域から高音域の楽器の音が際立ってて

ただ開放型の為か聴き疲れする事はなくずっと聴いていられます。

 

解像感はMDR-M1STの方が上でした。M1STは解像度が高いだけではなくマイクの違いや収録場所の違いも聴き分けられるほどのヘッドホンですがDT1990PROはそこまでの聴こえ方は無いです。

私の第一印象はモニターヘッドフォンと言うよりは解像度の高いモニターライクなヘッドフォンです。

 

Beyerdunamic DT1990PROでテレビ視聴

SONYのテレビから光ケーブルでDenon PMA-50に接続し、6.3mmのケーブルで試聴しました。普段のテレビ視聴はゼンハイザー HD598を使用しています。

 

HD598に比べてインピーダンスが高いので1割から2割くらいボリューム高めで聴きました。

ドラマなど声を聴くには近く感じる程度ですが、音楽が掛かった途端にDT1990PROの本領が発揮されます。テレビでも楽器の1音1音がはっきり聴こえて空間の広さも感じました。

やはりDT1990PROは楽器を聴いてこそ本領発揮出来ると思いました。

 

Beyerdunamic DT1990PROでテレビ視聴

Division2をプレイしましたが足音は聴こえやすく敵の位置も把握しやすいです。ただゲームの音質が良いわけでは無いので満足感は薄いですね。

その他色々プレイしましたがゲームではDT1990PROの本領は発揮できなそうです。

 

Beyerdunamic DT1990PROはやっぱり音楽が合う!


▽Beyerdunamic DT1990PRO+SONY NW-WM1A



250Ωなのでボリュームは若干大きめにしました。NW-WM1Aのハイゲインで75くらいが丁度良いです。

DT1990PROの解像感の高さとリスニング寄りのウォークマンの相性はまぁまぁ。ウォークマンはリスニングよりのヘッドフォンかイヤホンの方が相性いいのかな?

聴き疲れはしないので長時間流し聴きには良いです。

 

▽Beyerdunamic DT1990PRO+Ibasso DX220 AMP1



Ibasso DX220のAMP1のハイゲインで60くらいです。

解像度モンスター同士の組み合わせ!私は高解像度が大好きなのでこの組み合わせは相性良いです。

高音が刺さることもなく綺麗に聴こえますが低音は弱いです。

ベースの音が控えめで、ギターの低めの音も弱いです。

低音は控えめな印象ですが音切れが良く1音1音がスッと消えてくれて爽やかな音です。

ハイハットの叩く音と響く音が聴いてて気持ちいいですね!

 

▽Beyerdunamic DT1990PRO+DX220+Chord Hugo2


HUGO2で赤と黄色の間くらい。

この組み合わせが一番合います。私がHUGO2の音が相性良いのかもしれません

Hugo2は空間は若干狭くなりますが低音は少し出る様になりました。ただそれでも高音寄りな音作りですねHugo2はヘッドフォンの特性を忠実に引き出すタイプでは無いのでDT1990PROもHugo2の色に染まる感じがします。

Beyerdunamic DT1990PROのまとめ

ベイヤーダイナミック DT1990PROのレビューでした。

私は中古で購入しましたが5万円〜6万円くらいのヘッドフォンではお勧めできる音作りです。

独特なデザインで高級感もあり、全てのアクセサリーが入る専用のケースも付属しているのでBeyerdunamicのユーザーへの気遣いも感じ取れました。

ただケーブルも長めなのでポータブル機に繋ぐのはリケーブルしないと使いにくいです。

私は家族4人で暮らしているのですが、密閉型のヘッドフォンを付けていると声をかけられても気が付かない事も多いのでそう言った環境の方にもおすすめできます。

このヘッドフォンの課題は「タバコの臭い」ですね。ベロア素材なので洗うこともできますが他の方法を思い付いたのでそれもブログにしていきます。

ではまた!

created by Rinker
ベイヤーダイナミック