ps5の増設SSDがM.2のgen4と判明!(11月12日追記しました)

107日にPS5の分解動画がPS5公式で発表になりました!

その中で増設の規格がM.2Gen4と判明!今回はSP5のM.2 SSDについてご説明していきます。

海外の情報ですが発売直後はM.2のSSDは認識しない様です。ローンチ直後にアップデートする様な話もある様ですがすぐはできない様ですね!残念!

ただ先日発表されたPS4からPS5にアカウントとデータの移動方法の中に外付けのSSD(HDD)を使ってソフトの移動が出来る事が発表されていたので外付けのSSDは対応する見たいです!

内蔵のSSDと外付けのSSDでどの位のロード時間が違うかを検証したいですね!遜色が無ければ外付けSSDの選択肢も有りだと思います。

M.2 Gen4 SSDの性能

M.2Gen4のは2019年末に発売されたAMDのRyzen第3世代対応のマザーボードに搭載された高速なSSDの規格です。PS5も同様のCPUをカスタムしてSSDをコントロールしています。

▽基盤にSSDが直付けしてあります。

M.2 Gen4SSDの読み込み速度

・NVMe Gen3 SSD4,000MB/s

・NVMe Gen4 SSD5,000MB/s

PS4Proに搭載されていたSATA3規格の速度
・SATA3 SSD600MB/s

SATAの理論値は600MB/sですがHDD早くて200MB/s位でSSDで500MB/s位です。

PS4SSD換装をして『メチャクチャ早い!』と感じていましたがNVMe Gen4だと5,000MB/sなのでSSD比約8倍HDD比で25倍の速度があるんです!

注意 5,000MB/sは理論値なので取り付けるSSDによっては出ない物もあります。


▽これならGen4対応なので読み込み速度5000MB/sです。

▽安めのこちらなら2000MB/sになります。

安いと言ってもPS4のHDDより10倍速いんですけどね。

PS5に内臓しているSSDは基盤に貼り付けられていて配列も特殊なので最高速度のSSDを増設しても同様の速度が出ない可能性があります。

M.2SSDに使われている長さと幅


22m 
長さ30 42 60 80mm

幅は1種類ですが長さが4種類あります。SSDを購入する際のスペックに「2280」の表記があります。

▽私がPCに取り付け予定のSSD

crucialのM.2 SSD 2280と記載があります。


短い分には取付けられるはずですが
PS5の分解動画を見る限り80mmまでだと思われます。ちゃんとねじ穴が開いてます。

M.2 SSDの放熱処理

ヒートシンクは必要?

PS5のM.2SSDはカバーが付いているだけの剥き出しなので放熱の為のヒートシンクが必要になります。SSDって結構熱くなるので熱暴走する可能性があります。
M 2SSDはヒートシンクが有無両方販売しているので付いているものが理想です。

 

SSDのデザインを見ると2種類あります。
▽ヒートシンク付き

ギガバイトHD2596GP-ASM2NE6100TTTD

 

▽ヒートシンク無し

CFD CSSD-M2B1TPG3VNF

ただ後付出来るので大丈夫です。


PS5のSSD取り付け部の高さが分からないのでヒートシンクを後付けする際は気をつけてください。

PS5に使えるM.2SSDのおすすめは?

内臓のSSDが約800MBありますが、PS5のAAAタイトルは容量が大きくなると思います。PS4のdivision2は100G以上ありました。
やはり1T以上必要になるでしょう。

CFD販売1TBモデル CSSD-M2B1TPG3VNF


フォームファクタ M.2 2280
インターフェース PCI-Express 4.0 x4, NVMe 1.3
容量 1000 GB
Sequential 読み込み 最大 5000 MB/s
Sequential 書き込み 大 4400 MB/s

ギガバイト1TBモデル AORUS GP-ASM2NE6100TTTD


フォームファクタ M.2 2280
インターフェース PCI-Express 4.0 x4, NVMe 1.3
容量 1000 GB
Sequential 読み込み 最大 5000 MB/s
Sequential 書き込み 大 4400 MB/s

・全面銅製ヒートシンク形状

 
購入の際の注意点
M.2のSSDには「MVNe」「SATA」の2種類があるので購入の際には「MVNe」を選んで下さい!

もしPS5が手に入れば速度比較してみます。

PS5のUSBポートにUSBのSSDを増設すればいい?

PS5はUSB-3.2Gen2(10Gb/s)が3ポートとGen1(5Gb/s)が1ポートあります。

▽前面にUSB-AGen1が1ポート USB-CのGen2が1ポート

背面にUSB-AのGen2が2ポートあります。

SSDを増設する際に「内蔵じゃなくUSB外付けでよくね?」とおもうかたもいらっしゃいますよね?

外付けSSDは対応する様です。

 

 
注意 PS5は外付けSSDが対応するか2020年10月現在では分かりません。

速度を比べるとかなりの差があるので確実に内蔵の方が良い

 
注意 PS5は11月12日現在SSDの増設は出来ない様です。後日のアップデートで対応すると言う事なのでアップデートがあり次第更新していきます。


・PS5は外付けSSDより内蔵のSSDが良い理由

内蔵はM.2 Gen4SSD 外付けはUSB-3.2(Gen2)です。それらの接続の速度表記が分かりにくいんです。

・M.2 Gen4の速度は5000MB/s
・USB-3.2Gen2は10Gb/s

じゃあUSBの方が速いんじゃ?と思いますが大間違い!

・M.2は5000メガバイト(5ギガバイト)
・USBは10ギガビット(1.25ギガバイト)

USBとM.2のスペック表記の違い分かりずらい!
「ビット」と「バイト」では8倍の差があります。速度は約4倍の差があるんですね。

もし外付けが付けられる場合USB-3.2Gen2(3.1Gen2)と記載があるものを購入してください。

こう行ったSSDです。

外付けの方が簡単ですがやはり内臓がおすすめです!

5 COMMENTS

たっくん

PS5のSSD取り付け部の高さが分からないのでヒートシンクを後付けする際は気をつけてください。→M.2基盤から高さ8mmまでです。

返信する
まさゆき

コメントありがとうございます!
PS5を購入した時用にSSDを用意していただけに残念です。

しかし日本より海外の方が情報が沢山出ていて羨ましいですね。

返信する

たっくん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です